電力自由化では自由に電力会社を選ぶ事が出来ます。電力会社選びで迷った時はランキングから!

最終更新日:2018年12月19日

電力会社変更するなら今しかない!


手のひらに電気のマーク

電力自由化が2016年4月から始まりました。今までは大手電力会社しか利用できなかったサービスのものが自由化することで、個人や法人の会社が参入することになります。

電気料金やサービスプランの内容によって選択する幅がより広がります。

似たようなモノが溢れるなか、サービスも同様に溢れている状況になります。皆さんは選択の自由があるなかでどのサービスが最適なのか、どれが一番オトクなのかを考える必要がでてきます。人による判断が必要とされるものが多く増えてきています。

電気の使用はライフスタイルによってひとりひとり異なるので、電気を利用する時間帯や平日、休日の使い方は違うと思います。

そのなかで、自分に適した電力会社を見直すことができるのはこの機会しかないと思います。

選択できる自由があるのに大手電力会社で契約すればそれで満足している人はもったいないと思います。比較検討せずに、現状のままで問題ないと思っている人は考えるのを後回しにしている、もしくは考えるのを放棄してめんどくさいと思っているかのどちらかだと思っています。

電気を提供する会社を選ぶポイントとして、2つあります。

1つ目は暮らし方のタイプによって分けられます。例えば、関西の一軒家の場合は関西の大手電力会社と契約すれば問題ないと思いがちですが、それは間違っています。

電力の自由化により提供している会社は日本全国から選ぶことができるからです。

月額の料金が安いこと、時間帯によって電気料金が変動するサービスプランなどを選ぶことができればよりいいと思います。

次にマンションやアパート住まいの場合は電力会社を自由に選択ができないと思いがちですが、そんなことはないです。各部屋ごとに電力を供給しているので、電力会社の変更も可能なのです。

2点目は電気の使用タイミングになります。皆さんが契約しているサービスプランは従量電灯プランが一番多いと思います。

料金の安い会社と契約する場合はサービスプランも見て比較検討してからでも問題ないと思います。日中は仕事で、帰宅後の夜間帯の電気使用量が多い場合のプランやペットがいる場合などに電気をつけたままにしないといけない定額プランがあります。

人によってライフスタイルも違うので、一概にこれが一番いいですということは答えることが難しいです。

したがって、自分にあった最適の電力会社を探すしかないのです。

最後に、電力会社の変更手続きの行動をしないと始まりません。新しいことを始めることはこれまで以上のエネルギーが必要になります。皆さんの生活基盤をより良くしたいのか、現状のままでいいのかを自問自答してから行動に移しましょう。

電力会社自由化|電気料金比較ランキング|TOPへ