電力自由化では自由に電力会社を選ぶ事が出来ます。電力会社選びで迷った時はランキングから!

最終更新日:2018年11月18日

電力自由化はどういうものか、そしてどう選べば良いのか


家の模型と延長コード

今年の4月から全面的な電力自由化が始まりました。
ということそのものは、CMやニュースで見聞きしていて知っている、という人が多いでしょう。けれど実際にその電力自由化というものが一体どういったものかについては、あまり知らないという人のほうが多いのではないでしょうか。

そこで簡単に電力自由化の概要と、電力会社をどう選べば良いのかについて説明していきましょう。
まず今年の4月から始まった電力自由化とは、一般家庭に供給される電力も自由化されて、完全に電力供給が競争市場のもとにおかれることになったという意味です。企業や工場向けの電力供給はすでに段階的に始まっていたのです。

なぜ自由化が進められたのでしょうか。ご存知のように電力事業は地域の電力会社が一括で管理し供給、販売するものでした。これを多くの企業が競ってユーザーを争うことで、ユーザー獲得に向けてサービスの拡大や価格の引き下げといったメリットが見込め市場が活発化すること、

それにバイオマス発電や太陽光発電などの再生可能エネルギーの普及・技術革新に役立っていくことが考えられるからです。

そうした企業側にとって魅力ある展開が見込める電力事業には、今般の自由化にあたって多くの企業が名乗りをあげてきました。

ガス会社、携帯電話会社、燃料系の会社等ジャンルを問わず、さまざまな魅力あるサービスを謳って積極的なアピールを行ってきています。その中でどう選んでいくかは、個人個人の事情によってはきますが、「切り替えによって必ずメリットがあること」が第一の条件といえるでしょう。

切り替えれば必ず電気料金が安くなるわけではありません。

使用量によってはあがることも少なくありません。ですので、良さそうな企業があれば、まずはシミュレーションを行って、電気料金がどう変わるのかを確認しましょう。全体的に、電気料金が従来高いほど切り替えると安くなるというプランを提供しているところが多いので、ファミリー層などは検討してみる価値が高いでしょう。また、料金だけでなく、ポイント還元を行ったり、同一企業内の別サービスの料金が割り引かれたり、といった形での割引を行っているところもありますので、幅広い見方で選べます。

いずれにしても、知らないままでいるのは、場合によっては損である可能性もあります。切り替える切り替えないはともかく、まずは自分の居住地域でどういった会社のサービスが受けられるかを知っておいてもムダではないでしょう。

電力会社自由化|電気料金比較ランキング|TOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です