電力自由化では自由に電力会社を選ぶ事が出来ます。電力会社選びで迷った時はランキングから!

最終更新日:2020年10月22日

電力自由化の中で選択の幅が広がった電力会社選びは、生活コスト削減に役立つ

電力自由化が導入され、誰もが自分の意思で電力会社を選択できるようになりました。

電気料金の節約につながる制度ですが、各電力会社のプランは様々であり、選び方に迷う面もあります。電気会社の適切な選び方を知っておくと、生活費の削減に結び付く可能性があります。

電力会社の乗り換えで長期的な得を目指す

女性

電力会社の乗り換えにあたっては、電気料金が安くなることを目的としている人が多いです。別の電力会社を利用することで、コスト削減が本当に実現できるかどうかを、しっかり確認することが大切です。

電気料金は継続的にかかる生活費です。たとえ少しの節約であっても、長い期間の中で、トータル的に大きなコスト削減につながっていきます。

電力会社を乗り換える場合に、たとえ電気料金が安くなったとしても、他のサービス面についてはどうなのかと危惧する人もいます。何かあった場合に、電力供給が不安定になりやしないかというような不安です。

しかし、このような心配をする必要はありません。どの電力会社を利用しても電気の品質は安定しており、電力供給が滞るような事態が起こることはなく、従来通り安心して利用できます。乗り換えに関しても無料でできる場合がほとんどであり、その面のコストも基本的に必要ありません。

電力自由化によって、今まで電力関連のイメージのなかった業者も参入するようになりました。このことにより企業間競争が起こり、より顧客に有利なサービスを提供する会社が増えています。

具体的にどの程度の電気料金が削減できるかを把握する

お金と電卓

電力会社を選ぶ際には、どの程度電気料金が削減できるかについて、事前にシュミレーションすることが大切です。各社によって料金体系は異なるため、確実に電力削減につながる業者を選ぶことがポイントになります。

1ヶ月単位の削減割合よりも、年間を通じてどの程度コストダウンになるかを把握することが効果的です。長期間で見ることで、適切な電力会社を選べば、場合によっては相当なコスト削減に役立つことが実感できます。

その際に重要な点としては、自分の家庭状況に合わせて、より有利な電力会社を選ぶ必要があります。単身家庭と家族人数の多い家庭とでは、プランの選び方が異なります。

単身や人数の少ない家庭の場合は、そこまで多くの電力を使うことがないため、基本料金に注目してできるだけ安い会社を選ぶことが有益です。一方、家族人数が多い場合は、従量料金を安く設定している業者の方が利用メリットがあります。

従量料金は、電気の使用量によって変わります。1人暮らしのケースでは、あまりこの部分は変わりませんが、家族人数が多くなれば変動率も高くなるため、コスト削減効果が発揮できる可能性があります。

電力会社のホームページや比較サイトを利用してシュミレーションする

色鉛筆とひらめきマーク

具体的にどの程度の電気料金がかかるのかについて、各電力会社のホームページでシュミレーションができるため、利用すると便利です。

重要なのは、イメージではなく、実際に削減できる額を把握することです。電力会社の検針票があれば、すぐに検討できるため、電力会社選びの際には必ず実行しておくことが大切です。また、各社の電気料金を比較したサイトを活用することも効果的です。

電力自由化によって、非常に多くの企業が参入しています。一つずつ確認するよりも、比較サイトを使えばより効率的に比べることができます。不明な点があれば、各業者に問い合わせをして確認しておくといいでしょう。

例えば、以前から利用している通信業者が電力事業に参入した場合に、セット利用を勧められるケースがあります。その場合に、本当に電気料金の削減ができるのかについて、自分自身が把握しておくことが大切です。

何となく削減できそうだというようなことではなく、具体的な数値として電力会社に確認する必要があります。

それぞれの家庭のニーズに応じた電力会社選びを行う

女性

知名度や口コミの評判で電力会社を選んでしまう場合も多いです。

しかし、他の人がお得に利用できても、自分の家庭がそれに当てはまるかどうかはわかりません。各家庭の状況によって適切な電力会社は異なるため、イメージ先行ではなく、各社をしっかり調べることが選び方のポイントです。

まずは供給エリアを調べて、その会社が自分の住んでいるエリアに対応しているかどうかを確認しておく必要があります。

その上で、電気料金だけではなく、他のサービス面についても調べておくといいでしょう。

問い合わせをすれば、顧客対応がどの程度のレベルかを判断することもできます。誠実な対応や素早い対応を行う電力会社は、サービス面も優れていると考えられます。発電方法に関しても、電力会社によって違いがあります。

エコに関心のある人は、再生エネルギーによる発電を行うプランを利用すれば、その面でのニーズに合致します。基本的には電気料金が最も気になる部分ですが、他の面のニーズがある場合は、それに即した業者を選ぶことも効果的です。

電力自由化で、顧客サービスが高まったことは、もちろん利用者にとって大きなメリットです。そのメリットを十分に活用するためには、数多くの業者の中から、家庭状況に合った最適な業者を探すことが重要な部分です。

現在の状況で、どの程度の電気料金がかかっているのかをまず把握することが必要になります。乗り換え自体は簡単にできますが、各電力会社の比較に関しては事前にしっかり行い、納得の上で利用することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ電力会社
Looopでんき

解体工事のGOODではこれから解体をお考えの方に向けたポータルサイトになっています。
解体工事のGOOD