電力自由化では自由に電力会社を選ぶ事が出来ます。電力会社選びで迷った時はランキングから!

最終更新日:2018年08月20日

電力自由化で選択肢の幅が広くなった


グラフをもつ男性

電気を使う生活は私達の中では、当たり前のことです。品質の高い電気を使い、家では快適な空調の中でインターネットを楽しんだり、オール電化の中で美味しい料理を作ったりできます。

仕事でも同じことでオフィスでもITを駆使して、時間効率の高い仕事が求められていますが、これも電気の供給側あってこその話です。これらの電気は電力会社から安定した電気を受けることができていました。しかし、この春から電力自由化の流れで、より安価な電気を使えるように、一般市民の選択肢の幅が広くなってきたのです。

「電気代がどの程度安くなるの?」と素朴な疑問があるでしょう。

一般家庭でも年間にすると、数万円の差が出てくることもあります。

元々、電気代が上がるというニュースが流ても、一気に倍以上に跳ね上がることがありませんので、そんなに気にする人は多くはなかったのでしょうが、これだけ物価が上がり、実収入が伸び悩む家庭とっては、電力自由化で少しでも家庭の財布にゆとりも持たせたいと思う気持ちもあるのではないでしょうか。

そして電力の自由化はすでに10年以上も前から始まっていました。しかし、それは電気を送る送電系等、普段、私達からは見えない世界の話でした。今回の自由化は、卸売の自由化です。

実際に電気を使っている私達の選択肢が広がってきたことから、一気に注目を浴びるようになったのでした。自由化では、多くの企業が電気の提供をするようになっています。大きな企業グループでは、自社の工場の自家発電設備で作られた電気を供給することもありますし、ガス会社もガスの供給もセットで、電気を供給します。

選択肢が増えたことにより、何処を選べばよいのか迷うこともあるでしょう。
そのような時には、自分の生活スタイルに合わせた選択が良いと思われます。

例えば、インターネットをヘビーに使っている家庭では、通信会社がセットにしている電気メニューを選ぶと、電気料金と回線料金のセット割引を受けることができます。また、ガソリンを扱う卸売会社では燃料と電気のセットもあります。

自営業で車を使う人から見れば、とても恩恵の多い選択肢になるかもしれません。
このように電気料金が安いだけでなく、本業の仕事と合わせたセット価格という動きが今回の電力自由化なのでしょう。

私達がよく使う電気だからこそ、少しでも安価な費用になるためには、他の経費と一緒に節約できるメニューを選んで使う事がいいのだと思うのです。そのためには、どんな会社が提供しているかを調べておくことが大事です。

電力会社自由化|電気料金比較ランキング|TOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です