電力自由化では自由に電力会社を選ぶ事が出来ます。電力会社選びで迷った時はランキングから!

最終更新日:2020年10月22日

賃貸暮らしの人でも電力自由化を行う利点

電力自由化という言葉を見聞きしても、うちは賃貸暮らしだから無関係だと思い込んでいる人が少なくありません。確かに賃貸アパートやマンションは借り物なので、電力会社を変える自由はないと思いがちです。ですが実際は、賃貸暮らしをしている人でも電力会社を変更出来るケースはあります。

電力自由化を利用するメリット

女性

電力自由化は始まる以前は、日本では地域毎に置かれた民営の電力会社が独占してその地域の電力を供給していました。

ところが独占状態だった電力市場にも競争原理を導入すべく、法改正が行われたのです。その結果、ガスや石油といったエネルギー関連会社を中心にして、様々な企業が新たに電力事業に参入しました。それと同時に利用者も電力会社を選ぶ自由が与えられた事で、電力自由化が実現したのです。

電力自由化を利用するメリットは、何と言っても電気料金を安く出来る可能性がある事だったりします。これまで独占的だった市場に新たに電力会社が複数参入して来た事で、実際に電力会社同士で競争が起きているのです。そのため各社共に1人でも多くの利用者を獲得しようと、様々な料金プランを用意しています。

お陰で自分に合う電気料金のプランを上手に選ぶ事が出来れば、毎月の電気料金を安く抑える事が可能です。他にも電力自由化により、風力や太陽光発電を積極的に活用する等、地球環境に配慮した形で主に電気を供給する電力会社も登場しました。そういった電力会社を自分の意思で選んで選択する事が出来る点も、メリットと言えるのです。

賃貸物件で電力会社の変更が可能か否かの判断方法

電卓と模型

もっとも賃貸アパートやマンションで暮らしている人は、自分で電力会社を切り替え出来るかどうかがまずは気になる所です。

基本的には電力会社と戸別契約してさえいれば、賃貸アパートやマンション暮らしの人でも自由に電力会社を変更する事が出来ます。しかもスマートメーターに交換するという簡単な工事で、無料で切り替える事が可能なので戸別契約しているなら、利用可能な電力会社の料金比較を行うべきです。

そこで気になるのが戸別契約をしているかどうかの見分け方ですが、電気料金の支払い先をチェックする事で判断する事が出来ます。具体的には支払い先が、電力会社であれば戸別契約となるので電力自由化の制度を利用して自力で電力会社を切り替える事が可能です。

逆に言えば電気料金の支払い先が、電力会社以外の賃貸物件だと切り替えは出来ません。特に賃貸マンションの中には、高圧一括受電となっている所が少なくないです。そのため管理会社や大家さんから電気料金の請求が来たり、電気料金が家賃に含まれるケースでは電力会社の切り替えは不可能となります。

賃貸マンションの高圧一括受電契約について

女性

高圧一括受電というのは、管理会社やマンションのオーナーが建物1棟単位で電力会社と契約する事です。

その上でマンション内で低圧に変更して、各部屋に電力を供給する仕組みとなっています。この様に予めマンション単位で電力会社と契約しているため、こういったマンションに賃貸暮らしをしている人は個人で電力会社は変更出来ない仕組みとなっているのです。電力自由化が実施されている現在でも、残念ながらその状況は変わりません。

もっとも高圧一括受電の賃貸マンションに暮らしていると、単純に損かと言うとそういう訳ではないです。というのも高圧一括受電はマンション単位で纏まった電気を購入する分だけ、安く購入出来るというメリットがあります。お陰で各部屋でもその恩恵を受ける形で、比較的安い料金で電気を利用出来るケースが多いです。

しかも電力会社との契約手続きを個人で行う必要がないので、楽に電気を使い始められるというメリットもあったりします。

電力会社を変更する手順とは

メモ長

電力会社を変更する際はまず、契約可能な電力会社同士を比較する事が大事です。

特に電力会社により単純に電気料金の違いがあるだけでなく、割引条件や得られる特典にも違いがあります。

それらを十分に比較し検討して、切り替えた方が良いと思える電力会社を見付け出す事です。こうして切り替えるべき電力会社が見付かったら、ホームページや電話でその電力会社への申し込みを行います。

そこで気になるのが、現在契約している電力会社に解約の申し出をするかどうかです。電力会社変更を行う場合は、解約の申し出をする必要はありません。というのも切り替え先の電力会社が行ってくれるので、切り替えを希望する電力会社への申し込みを行うだけで良いです。

ただし現在の住んでいる家のメーターがスマートメーターに切り替わっていない場合は、工事が必要となります。そして賃貸暮らしの人は、スマートメーターへの切り替え工事が必要な際には、大家さんや管理会社に一応は報告しておいた方が良いです。そうしないと、工事に入る際にトラブルになる恐れがあります。

まとめ

賃貸アパートやマンション暮らしの人でも、電力会社と戸別契約していれば電力会社の切り替えが可能です。

もっとも賃貸マンションの中には高圧一括受電契約となっている所もあり、その場合は個人で電力会社切り替えは出来ませんが、比較的安く電気を使用出来る事が少なくありません。更に電力会社の切り替えを行う際は、新たな電力会社に申し込みを行うだけで解約の申し込みは必要ないです。ただし賃貸物件でスマートメーターへの切り替え工事が必要な際には、事前にその旨を大家さんや管理会社に伝える事をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ電力会社
Looopでんき

解体工事のGOODではこれから解体をお考えの方に向けたポータルサイトになっています。
解体工事のGOOD